コインランドリー経営のメリット・デメリット

コインランドリー経営のメリット・デメリット

コインランドリーの経営が注目を集めています。
コインランドリー経営は、洗濯機など必要な機械をそろえておけば、基本的には毎日売り上げが見込めます。


また大きな人件費はかからず、機械が稼働する際の電気代や水道代以外は、維持費もさほどかかりません。
物品の販売をするわけではないので過剰な在庫を抱えるということもありません。

多くの店舗では、天候が不順になると客の入りが下がりますが、コインランドリーは洗濯物が乾かないために客が増えます。


立地の良い場所にあり、清潔な店舗を維持できれば、リピーターがついて安定した収入が期待できる仕事だと言えます。ただし、イニシャルコストは大きくかかります。

土地や建物代はもちろん、洗濯機や乾燥機、その設置費用、両替機、店内の監視システムにかかる費用などが必要です。



一般的に1000万から2000万円近くかかるでしょう。



また、人件費はあまりかからないとはいっても、終日無人にはできません。洗濯をしにくる場所のため、意識的に清潔に保つ必要があり、店内のこまめな掃除がかかせません。



機械に入っている小銭の回収や、両替機の小銭の補充などの作業も必要になります。

洗濯機が壊れた場合に即対応できる体制も必要です。

近くにライバル店ができた場合は客の取り合いとなりますので、自分の店舗を選んでもらえるように何らかの差別化をはかる必要もあります。


客が減り、思ったような収入が期待できない可能性もあります。

コインランドリー経営を希望する場合は、メリット、デメリットをよく勘案して慎重に決める必要があります。
一から事業を起こすのは大変ですので、フランチャイズを利用する方法もあります。

Copyright (C) 2016 コインランドリー経営のメリット・デメリット All Rights Reserved.