副業としてのコインランドリー経営

副業としてのコインランドリー経営

世の中にはさまざまな副業がありますが、そのひとつがコインランドリー経営です。

コインランドリーは業務用洗濯乾燥機を設置して、それらの利用料金によって収益を得るというものです。
メリットとしては、固定客が付けば安定した収入を得ることができるということです。

特に女性の就業率の増加はそれまでの自宅での洗濯ではなくコインランドリーにある強力な乾燥機能の付いたものを利用するといった傾向に変わりつつあります。

また業務用洗濯乾燥機は家庭用で使われるものと異なり衣類の素材に合わせて洗濯を行うことができます。



一方でコインランドリー経営は現状として過当競争になりつつありますが、それでも立地が良ければ十分に収益を得ることができます。


理由としては都市部においては利用者の多くは徒歩でやってくるため利用者層の多い地域では固定客が付きやすいためです。

また地方においても国道沿いで車の通勤者が多いなどの利便性の良い場所であれば十分に収益を得ることができます。



コインランドリー経営をはじめるためには初期投資として1300万円から1500万円程度は必要です。



このうち大半を占めるのが機械代の購入です。
もちろん中古を選ぶという方法もありますが、古い機種の場合には顧客が付きにくいデメリットがあります。

このためリースを利用するという方法もありますが、トータルコストが高くなります。

一方でランニングコストはセルフですので人件費がほとんど要らないことで電気、ガス、水道などの光熱費で済みます。

Copyright (C) 2016 副業としてのコインランドリー経営 All Rights Reserved.