コインランドリーの賃貸経営

コインランドリーの賃貸経営

所有している土地にアパートを建築するのが困難な場合に、賃貸経営としてのコインランドリーを検討してみると良いでしょう。

アパートよりも低予算で建築できるからです。アパートのように毎月の家賃収入は得られませんが、安定した収入になる要素があります。

一回あたりの収益は微々たる金額に感じられても、回転による稼働率を考慮すると、大きな収益も望みやすくなります。
固定された家賃とは違い、回転率と稼働率によっては、アパートの家賃収入を超えられる勢いの場合もあります。賃貸経営としてのコインランドリーで注意したいのが、どのような層に向けて利用してもらうのかです。

ファミリー層が多い地域なのか、一人暮らし世帯の多い地域なのかを把握してみましょう。



一人暮らし世帯が多い地域では、シンプルなコインランドリーでも集客性が得られやすいです。

ファミリー層の多い地域では、一戸建て住宅の場合は、自宅に洗濯機が備え付けていますので、集客性が困難です。同時に、目の付け所にもなります。



多く乗せたいが自宅に設置している洗濯機だからこそ、大きさと性能で差別化できるからです。

集客性が困難と判断できるからこそ、役立てたいのが大型の洗濯機と乾燥機です。

一戸建て住宅に設置するのはもきわめて困難なタイプの場合は、需要が出てきます。

具体的には、布団の洗濯と感想です。羽毛布団も洗濯できるタイプの洗濯機ならば、ファミリー層の多い地域でも高評価になる安いので覚えておきましょう。



Copyright (C) 2016 コインランドリーの賃貸経営 All Rights Reserved.